カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
Happy & Enjoy Gardening !  Sow It Easy !  Try It Sowing !
HOME > スイート・ピー・プランツ > Grandflora・グランディフローラ種
◆Sweet Pea Grandiflora Group スイート・ピー・グランディフローラ・グループ
burpee_eckford2.jpg ・このグループは1800年代に行われたスイートピーの最初の大きな育種作業により作出されたものです。
・より大きな花と花弁の美学的に改善された配置によるスタンダード花弁。より均一なウイング花弁によるこの種類の改良は非常に成功し、より良い観賞用植物と認められるようになりました。
・野生や初期のスイートピーの種類と比較して、グランディフローラは通常花弁により鮮明な色を持っていて、より多くの花を着ける傾向があります。
・初期のスイートピー(Cupaniなど)はシシリーに伝えられる最初のスイートピーに由来し選抜されたものですが、園芸家によって望まれる特徴のいずれにおいてもグランディフローラには敵いません。
・野生のスイートピーと比較するとグランディフローラはより素晴らしい芳香性があります。
・グランディフローラは相当期間、異なる地域で異なる人々により育種されました。例えば主に英国ではヘンリー・エクフォードによって。またにカリフォルニアのC. C.モース社とW.アトリーBurpeeによって異なる育種家がそれぞれ異なる彼ら自身のグランディフローラ種を作り上げました。残念ながらその幾つかはすでに跡形もなく消え去ってしまいました。
lester_morse_640.jpg・しかしグランディフローラは1990年代終盤になりピーター・グレーソン、E. W.キング社とUnwinsの種のようなグループによる献身的な貢献により再び紹介されることとなりました。
・結果として同じスタイルに基づく多くの新しい品種の開発が行われ、現在ではスイート・ピーの最も重要で、最も品種数の多いグループの一つとして欠くべからざるグループとなっています。
・しかし、1世紀前に栽培されたそれらと今日のオールドスタイルのグランディフローラが備えている形状の同一ではありません。たぶん今日のオールドスタイル・グランディフローラさえ大きく初期のグランディフローラの血統と異なるかもしれません。
・しかしこれらの品種の一部は古いイプに似ています。また時々スペンサー・タイプ、または多くのグランディフローラ種類の復帰として見なされ、いくつかは「再発見されただけである。」ために再び姿を消しました。そのような品種にオリジナル種と比較して花の色で大きな類似性があるならば、しばしばもより丈夫で、そして花は実際もっと大きいサイズで、より多くの花を咲かせる場合があります。
0unwins.jpg・古い文献によれば、まず最初に市場に紹介された時、この新しいタイプは市場に受け入れられなかったことを示しています。
・これらの経過は最近人気の回復を経た、例えばPinks = Dianthus そして、Old Primurose オールド・プリムローズなどの他のオールドファッションタイプの植物にも見られた光景です。
・またスペンサー・スイートピーの開発初期には、既存の「グランディフローラ」と同じ色であった1つのタイプの作出が『グランディフローラ』の名前を借りて、『フローラ・ノートン・スペンサー』と呼ばれていたと推察できるもう一つの驚くべき事実があります。
・これは人々が今日栽培する花のタイプが一または二世紀前に同じ名前の下で栽培されていた物とは完全一致でないかもしれないということを知っていなければならない理由です、それが他の全ての人気の栽培植物と同様、スイートピーにもあてはまります。
1913_sweet-pea-exhibit.jpg

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ