カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
Happy & Enjoy Gardening !  Sow It Easy !  Try It Sowing !
HOME > スイート・ピー・プランツ > Spencer・スペンサー種
◆Sweet Pea Spencer Group スイート・ピー・スペンサー・グループ
silas_cole.jpg・現在栽培されるスイートピーの多くはこのグループからのものです。
0wiiliam_cuthbertson_200.jpg・スペンサー種は1800年代の英国園芸家エック・フォード以後、同じく英国人でかのダイアナ妃の実家スペンサー家の為にガーデナーとして従事していたシラス・コールによる、1901年の英国ロイヤル・アクアリュームでの英国スイート・ピー協会の展示会に出品した『'Countess(伯爵夫人) Spencer' 』と名付けられたブライトピンク作出や、そのたの何人かの人々によって育種されました。そして当時の最大の関心を引き起こしました。
・スペンサー種の顕著なかなりより大きな花はそれ以前のグランディフローラと明らかに区別出来ます。花びらはスペンサー種で顕著にフリルし波立ちます。スペンサーの数種類は開花の為に、通常12時間の日朝を必要とします。この性格はカスバートソン種(米国カリフォルニアのフェリー-モース社で育成されるシリーズ)と後に育種されるスイートピーの冬季開花タイプにも受け継がれます。
・「“Late Spencers”晩生・スペンサー種」の名前はこれら晩生のスイートピー・タイプに与えられました。
・同時期に後のUnwin's Seed Companyの元となるWilliam Unwin(Covent Gardenでの切り花として販売されていたスイート・ピーの栽培を行っていた。)によってシラス・コールの 'Countess Spencer' 種をより安定させた'Gladys Unwin',種や、エック・フォードによる'Countess Spencer Improved'も作出されました。0robert_Bolton1.jpg

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ