カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
Happy & Enjoy Gardening !  Sow It Easy !  Try It Sowing !

Heirloom Rhubarb Victoria エアルーム・ルバーブ・ヴィクトリア(2苗)

Heirloom Rhubarb Victoria='Myatt's Victoria'
エアルーム・ルバーブ・ヴィクトリア


◆この品種は、1837年ヴィクトリア女王の即位を記念してロンドン・ニュークロスのJoseph Mayattの種苗会社によって育成され名付けたレッド品種です。Joseph Myattは19世紀の最も人気のある3つの品種、'Victoria(1837)','Prince Albet(1840)' 'Linneaeus(1842)'を作出しました。また彼はストロベリーやジャガイモの育種でも優れた品種を多く作出しました。
◆'Victoria'は'Glaskins Perpetual'や’Champagne’ほどスイートではないと言われますが、その汎用性(利用方法)は、それらより非常に優れています。
◆この品種はレッド品種にもかかわらず、ある人はグリーンステム(通常の露地栽培では。)の最も優秀な代表品種とも言います。さて真偽の程は如何でしょうか。
◆1856年のフランスVilmorin Andrieux et Cieの『PLANTES POTAGRÈS』には 『A later kind than Royal Albert. Stalks red, very thick, considerably longer than the blade of the leaf, channelled underneath, and of good quality; leaves broader than long, heart-shaped or rounded, pointless, very wavy at the edges, very much crumpled, and a rather dark and glaucous green. This variety flowers very scantily. 』と記載されています。
◆ルバーブは中国、ロシアやシベリア南部原産で、英国へは1735年に中国から持ち込まれ、1833年のリチャーダスの文献’On the cultivation of Rhubarb’に葉は毒性があると記述されています。
◆冷涼な気候を好み、夏期平均気温約25℃以上、冬期平均気温約5℃以上ではあまりうまく栽培・収穫出来ないと言われていますがチャレンジするだけの価値ある作物です。
◆日本では5から6月が最も生育旺盛です。梅雨明け以後の高温には弱く、高冷地でないと夏越しが出来ない場合もあります。
◆ただし苗の植え付けは春(桜開花以後)と秋(降霜1ヶ月前まで)のどちらでも可能です。
◆ほとんどのルバーブは一年目は株をじっくり育て、二年目の夏から待望の収穫となります。
◆堆肥や腐葉土など扶養分を十分に施した培地では8~15年収穫出来ると言われています。
◆耐病性も耐寒性もあり見栄えも良いオーナメンタル・プランツとしても利用出来ます。
◆ただし葉にはシュウ酸(蓚=タデ科のスイバ・oxalic acid)が多く含まれ食用とはなりませんのでご注意下さい。
◆草丈:約60~100cm◆株間:約100cm◆畝間:約120~150cm
◆堆肥や腐葉土など扶養分を十分に施した良く耕した排水の良い日向に植え付ける。
◆ポットサイズ:7.5cm。*弊社の苗は通気性の優れた根の発達に良いスリットポットで栽培しています。
◆11月頃~4月頃までのベジタブル苗は、品種、天候、休眠具合により地上部が無い場合がございますので予めご了承下さい。

Heirloom Rhubarb Victoria エアルーム・ルバーブ・ヴィクトリア(2苗)

弊社通常価格:
880円(税込)
2020 Summer Sale :

440円 (本体 400円、税 40円)   <50%OFF>

購入数: セット

在庫

在庫あり

友達にメールですすめる

Collection_of_Rhubarb

Rhubarb・ルバーブ実生苗について:*購入前に必ずお読み下さい。


・弊社が販売するルバーブ苗は、隔離した採種を行った実生(タネを播いて育てた)のルバーブ苗です。これまでの20年以上に渡る栽培経験からルバーブの実生苗では、ポット定植の前のプラグ苗の状態では100%(*画像参照)レッドまたはピンクの本葉(葉柄)ですが、時間とともにそれぞれ少しずつ退色しグリーンが現れてくる個体が現れます。これはブルートマトを数多く扱う弊社ではよく経験することです。ブルートマトのほとんども移植後全体のブルーが抜けて(退色)グリーンだけの苗になってしまいます。これはプラグ苗からポットへの移植時のほうが、ポットから畑などへ定植時より顕著に現れます。ただしブルートマトの場合は2〜3週間でほぼブルーが復活し元通りになります。ブルートマトもルバーブも色合いは異なりますが発色の要素はアントシアニンです。アントシアニンはPHに敏感と言われています。一般に多くのアントシアニンはPHが低ければ(酸性)良く発色しパープル、レッドへ、高ければ(アルカリ性)ブルー、グリーンを経て無色に変化します。確かではありませんが、ルバーブでもブルートマトでもアントシアニンのそのものの性質や実際の環境要因(土壌や施肥が重要)によりもたらされているのでは無いでしょうか。『土壌に堆肥化される組織からの酸性物は、周囲の土壌のpHを低下させるので除去する。』などと仰る方も居られるようですが、堆積物の影響は圃場の清掃で十分です。弊社では『グリーンになる株』に変質するのでは無く、『アントシアニンの発色が減少する状態になる。』のではと推測しています。

・残念ながらこれらの現象は世界中でかなり以前から指摘されている事です。弊社へも『送られて来たのはグリーンの苗だった。』『レッドの品種を買ったのにグリーンになってしまった。』最後には『お前の所は詐欺だ。』などと言う方も居られます。またインターネット上でも多くの不満や意見が散見され『これらは元々グリーンになる株だ。だから選抜が必要。』と記載しているサイトもあるようです。ルバーブのアントシアニンについてはグリーンの株であっても植物内のアントシアニンの性質や含有量に変化は無いとの報告がされています。残念ながらこれらの現象については現在まで、弊社のような種苗会社ではもちろん、各国の調査・研究機関でもまだ検証や研究が行われていません。今後新たな研究が行われ原因やメカニズムが解明される事が望まれます。そうなればルバーブそのものの栽培や消費が増加していくのでは無いでしょうか。弊社でも今後新たな事象やヒントが得られれば皆様にお知らせ致します。

・そこで現状では、弊社からは購入された苗の『さらなる選抜』をお勧めします。選抜方法としては、品種そのものにこだわるなら、『ある品種内で、特徴ある個体を選抜していく』いくのが良いでしょう。・また品質や形状にこだわるなら、異なる品種間であっても『よりレッドなステム』『よりグリーンのステム』、『より柔らかなステム』『より長いステム』『より栽培期間が長い。』『より早期に収穫出来る』『より耐暑性・耐寒性がある』などです。いかがでしょうか。残念ながら選抜にはそれなりの株数が必要となります。また送られて来た苗がすべて選抜に向かない場合もございますので予めご了承下さい。

・営利栽培など何らかの理由で品種の特性が100%揃って発現する株を入手されたい方は弊社の苗は適当ではないかもしれません。その場合は信頼できる海外の専門のナーセリーから輸入することをお勧めします。残念ながら現時点で弊社取引先である海外の専門ナーセリーで日本への苗供給が可能なところはありませんので、現地や弊社で隔離採種された実生苗を販売しています。弊社では営利栽培ではVictoria・ヴィクトリアGlaskins Perpetual・グラスキン・パーペチュアルChampagne・シャンパーニュEarly Red・アーリー・レッドなど比較的均一性が高い品種を選択されることをお勧めします。それらからさらに選抜を行えば好みや作り手や栽培環境にあった品種へ淘汰できるのではないでしょうか。

・また、ある消費者は赤い茎のルバーブは他の色よりも甘いと思っていますが、色と甘さは必ずしも関連しているわけでは無いようです。・グリーン傾向の株(軟化栽培ではレッドが良く現れる場合が多い=葉緑素が形成されない為のアントシアニンによる発色)であっても、いくつかの非常に甘い茎を作り出すことができるともいわれています。

・弊社では海外より種子を入手する場合、まず始めに現地に出かけ、品種ごとに栽培されている圃場で実際の植物や栽培状況(ルバーブなどの場合は隔離状態)や、業務状況(試験、保管、包装、梱包など)を確認し、かならず現地で植物検疫検査証明書を取得、輸入し販売していますので安心です。

・ご注文は上記を十分理解した上での受注とさせて頂きますので予めご了承下さい。
・不均一性、品種の差異、画像やテキストと異なる場合でも現状では「ノークレーム・ノーリターン」です。
・画像はあくまで参考です。テキストは弊社で海外の資料を適時翻訳し、経験に基づき修正・加筆して記載しています。
・ご不明の点はご注文前にお気軽にお尋ね下さい。
・今後もルバーブを始めとするエアルーム・ベジタブルの普及にご協力頂きますようお願い申し上げます。
・貴方のガーデンでより素晴らしいRhubarb・ルバーブが出来たなら是非弊社までご連絡下さい。


エアルームベジタブル・プランツ(苗) ☆エアルーム・ベジタブル・プランツ・苗販売についてのご案内☆


・ご注文前に以下のご案内とここを必ずお読み下さい。
・ご不明の点はご注文前にお尋ね下さい。
・ご注文は販売条件等をお客様ご自身がご確認頂いたものとして受注されます。
・生鮮品の予約商品であり、予約に基づき生産を致しますので、受注後のキャンセルは出来ませんので充分ご注意下さい。
・『予約商品』の受注後のキャンセルには商品価格の50%を申し受ける場合もございます。
・苗と種子は同時ご注文は出来ません。必ず別々にご注文下さい。
・苗と種子は配送方法、配送時期、発送場所が異なるため原則別送となります。
・トマト&ベジタブル苗の発送はゴールデンウイーク前後頃開始の予定です。
・発送開始になりましたらメルマガでご案内致します。開始は2~3週間前後することもございます。
・プランツ配送の日時指定は出来ませんのでご了承下さい。
・すべてのプランツ苗&予約商品は出荷出来る大きさに成長した順に発送となります
・今後の天候や生育状況によりお届け出来ない場合やお届け時期が前後する場合もございます。
・また、予約商品のすべてが同時に発送出来る訳ではありません。弊社でも出来るだけ同時発送できるよう配慮いたしますが、別送の場合は送手数料はその都度ご負担となります。
・プランツを含む発送はすべて宅急便となります。

◆送手数料を含む合計金額は、発送準備が整い正確な合計金額が判明した時点で、
1. クレジットカードによる決済は :決済を行い、メールにて合計金額をお知らせし、発送致します。
2. 代金引換の場合は :メールにて合計金額をお知らせし、発送致しますので、お届けに伺う宅配便ドライバーにお支払い下さい。���

ページトップへ